top of page
アメリカの農園.jpg

CBD原料販売

CBD raw material sales

CBDの可能性

「カンナビジオール」の略称で、ヘンプ(麻)に含まれる数百種類ある成分
(カンナビノイド)の一種です。

CBDオイル

依存性・精神活性作用はないとWHOも認められている安全な成分です。

生物の細胞に元々備わっている身体の調整機能ECS
(エンド・カンナビノイド・システム)に作用し、体内のさまざまな不調を正常化することが確認されており、自律神経や肌を正常化させる効果が期待できるとして、医療や美容分野でも関心が高まっています。

世界中でCBDの可能性について日々研究が進められているとともに、CBDを有効成分とした抗てんかん薬を日本国内で認証する動きが始まっています。

 

吉兆堂CBDの品質

​日本の法律では、麻の成熟した茎と種のみ利用が合法となっていますが、当時(2015年頃)各国の抽出加工工場では部位ごとに製造ラインがわかれておらず法律に適した製造が実現できていないのが現状でした。


吉兆堂では、代表自らが現地へ赴き指導・管理体制の強化を行い、日本向けの製造ラインを確保することに成功。

スイスおよびアメリカの提携する農園・CBD原料抽出工場で「麻」の成熟した茎のみから抽出されたのCBDを吉兆堂独自の基準値である99%以上の高純度の原料を製造ロットごとにNO THCの検査し、厚生労働省の麻薬取締部からの確認のもと、直接輸入しています。 

みなさまに安心してお使いいただけるよう、現在も定期的に現地に赴き厳正な品質の管理体制を維持しています。

スイスのCBD農園
スイスのCBD加工工場

*現地の農園・CBD原料抽出工場視察の様子

​ "THC component"

​not detected

​ Harmful ingredients in cannabis

​ "Domestic high quality"

made in Japan

Commercialized at partner factories in Japan

​ "Compliant with domestic standards"

Stem Extract

Only mature hemp stalks are used

​Founded in 1923

100 years

A sense of trust unique to a long-established store

​ "THC component"

​not detected

​ Harmful ingredients in cannabis

​ "Domestic high quality"

made in Japan

Commercialized at partner factories in Japan

​ "THC component"

​not detected

​ Harmful ingredients in cannabis

​ "Domestic high quality"

made in Japan

Commercialized at partner factories in Japan

収穫から販売までのフロー

1. 提携農園より収穫、
  茎のみを使用し粉砕

CBD加工工場
CBD加工工場

3. CBDアイソレートのみを
精製・抽出

CBDアイソレート

4. 第三者分析機関(ISO17025:2017取得)
THC未検出を確認
(*THC検査 LOD 0.0001%)

 

5. 関東信越厚生局麻薬取締部に
​  製造バッチ毎に輸入許可の申請

6. 食品での検疫ならびに
      税関申請手続き

CBD COA
法規の遵守
輸入許可通知書

CBD原料販売ならびにOEM・ODM受託へ

THC検査の実施

CBD原料の成分分析書(COA)見本

弊社が提供しておりますCBD原料および製品は現行の法的制約に則り、日本国内で規制されているTHCなどの違法物質は含まれていないことを確認しております。

スイスまたはアメリカ国内で生産・製造されており、大麻草の成熟した茎のみが使用されています。

これに関しては、日本国内の法令に基づき、厚生労働省による確認を経て正式に輸入通関しております。

NOTHC

製造過程や原材料の製造過程においては、遺伝子組み換え技術や放射能照射殺菌は一切使用されておらず、品質と安全性に配慮しています。

カンナビノイド製品の安全性と信頼性を確保し、みなさまに安心して製品を利用していただけるよう、品質向上に努め、適切な流通を担保した信頼性の高い製品を提供し続けることをお約束いたします。

お客様のニーズを最優先に考えた原料

提携する原料加工工場では、GACP(Good Agricultural and Collection Practice)の認証を取得しており、安全かつ責任ある製品作りにおいて国際基準を満たしています。

自然と調和しながら、土壌から植物へ、そして製品へと、純粋な環境の中でCBDが育まれています。

GACP
USDA
GMP
ISO17025
 NONGMO
JIHA

代表であるミュラー氏はJIHA(一般社団法人日本ヘンプ協会)の参与を務めており、これからのCBDの効能や可能性を科学的に検証し、皆様に安心・安全なCBD製品を提供する取り組みを推進するとともに、ヘンプが軽微な症状のセルフメディケーションに有益であることを広く啓発し、一人ひとりの健康と幸福の向上に貢献することを目指しております。

CBD製法特許取得

吉兆堂水溶性CBDパウダー

CBD水溶性パウダー

油溶性であるCBDを水溶性の組成にする製法技術特許を取得。

CBDを水溶化させることにより、幅広い飲料や加工食品への添加が可能に。

吉兆堂水溶性CBDパウダーのメリット

1. 乳化不使用 

2. にがみがない

3. 安定性の高さ(アルコールや塩分へ添加もOK)

4. 従来のオイル剤型よりも、約3.4倍も消化管吸収率を向上

(当社研究より)

取扱原料ラインナップ

*各種原料サンプルご用意しております。

CBDアイソレート

アイソレート
濃度99%以上(自社基準)

ディスティレート
濃度約70~95%(自社基準)

CBDディスティレート

吉兆堂水溶性CBDパウダー
濃度2%・6%
(製法特許取得 特許第7140865号)

CBD水溶性パウダー
bottom of page