吉兆堂スタッフ紹介 #1(浅見)

先日の代表ご挨拶に続き、本日からは、吉兆堂スタッフの自己紹介をさせていただきます。

トップバッターは、営業部長の浅見が担当致します!



▼基本情報

改めまして、株式会社吉兆堂の浅見(あさみ)と申します。


出身は東京都世田谷区で、幼稚園から大学までずっと東京でした(出産だけ母の実家の青森だったことは言ったり言わなかったり。。。。)

平成元年生まれですが、人より1年多く勉強して大学に入ったため、社会人歴は9年目の身長190cmオーバーの大男です!!


趣味は、NBA観戦ともうすぐ結婚する婚約者との土日のデートです(愛妻家アピール)

▼担当業務

普段は東京の新宿オフィスにおりまして、OEM営業として、お客様の対応させて頂いております。



▼私のキャリア 特定のやりたいことがなかった学生時代の私は、週9でアルバイトを行っておりました。 渋谷のカフェ&バーを軸に、派遣のアルバイトや知人の手伝いなど、本当に多くの仕事を経験させてもらいました。そこで出会う方のいろいろな価値観に触れて、自分の対応能力が少しは磨かれたかなと思っています。 そんな経験を提げて、第一志望の繊維専門商社に入社することができ、そこではOEM営業として7年ほど勤務しました。 「国内のアパレルブランド様向けに、中国やミャンマー、ベトナムなどのアジアの工場で洋服を生産し、輸入をしてお客様に納品させて頂く」とうのが私の仕事でした。 後ほど、代表との関係や入社の理由は説明させて頂きたいのですが、 生地のクオリティ、生地の色、ボタン、糸の色などを細かく決めて、お客様の欲しい値段、納期、クオリティに合うようにハンドリングするという業務経験があったので、どんな商材でもOEMは得意なはずでしたが、、、、、 「CBDってなに?!」  「化粧品とか健康食品って洋服と全然違うじゃん!!!!」 「全然オーダー取れないじゃん!!」 と、なって自信を喪失したのを今でも覚えています。

▼吉兆堂入社のきっかけ

私が入社したのは2019年5月でしたが、代表のミュラーとは数年前から食事をするただの友人でした。 繊維専門商社の次の仕事は特に決めていなかった中で、当時友人であったミュラーに 『CBDという、人間にとって素晴らしい成分があって、それを日本に広めたいから、浅見の力を貸して欲しい!』 と、食事の際に言われました。 今でも認知度はまだまだのCBDですが、当時の私は全く聞いたこともなく、ミュラーは真珠の会社の人だと思っていたので、 「CBなんです? 海外の放送局? ロマンティック? え、なんなんですか?」 と、質問すると、、 「大麻から取れる成分やねん」


「え、大丈夫ですか?!!!」

これがCBDの正体を知った時の、正直な感想でした ▼入社してから CBDが何なのか? 何が良いのか? どう使えばいいのか?などを、海外の文献や教授など片っ端から聞き周り、まずはCBDの理解を深めました。 入社すぐから、パシフィコ横浜や東京ビックサイトでの展示会に出展していた私たちはどのように伝えれば伝わるのかとう壁にもぶち当たりました。 次回は、ここら辺もお伝えさせて頂きたいです。


▼意気込み

数多くのお客様と御商談を頂く中で、これからCBDを始められるに当たって、どういうポイントがわかりづらいのか?何を抑えないといけないのかがわかってきました! 値段や納期という数字でわかるものはもちろんですが、薬事、ラベル裏書きに関して、販売方法やアイテムは何が良いのか?どうやってCBD製品の製造から販売までを進めれば良いのかということにおいて、一度ご相談頂きたいです。 私は一番詳しい訳ではないですし、一番安く出せるかどうかもわかりませんが、対応力含めた総合力では負けないつもりでおります(あくまで つもり) 商材柄、気にされるポイントは多いかもしれませんが、一個ずつ丁寧にご説明させて頂きますし、納得していただけるまで頑張らせて頂きます!!

まず、浅見に相談ください!!



株式会社吉兆堂 KITCHODO Co., Ltd.

contact@kitchodo.com

+81782222249