商品づくりの際に大切なこと

関西地方もいよいよ梅雨入りとなり、じめじめした天気で心が晴れない時期ですが、天然パーマの私はセットしてしてもすぐに大爆発してしまい、気持ちも髪型もパッとせず、2重苦の日々を過ごしている神戸オフィス北原が、久しぶりにブログを担当させて頂きます。


5月にアマゾンでのCBD商品の取り扱いも解禁となり、業界問わず多くのお客様から問い合わせを頂いております。

その中で、今回は私が最近ご商談させて頂いたお客様のお話をさせて頂きたいと思います。


そのお客様は、農家の方で、年齢はお聞きしておりませんが、おそらくとても若い方かと思います。

ご自身で栽培した作物の100%エキスを使用し、極力添加物などを使わずに、国産の原料でCBD商品を作りたいという思いをお持ちでした。

また、商品化にあたり、実際に他社商品を色々試されて、ご希望のCBD配合量も明確でした。


こちらも、どのような商品をお作りしたらよいかが明確でとても進めやすく、すごくおっとりした性格の方ですが、商品づくりに対する強い思いを感じました。

構想から半年ほどかかりましたが、まもなくローンチされると思います。


OEMメーカーとして、作り手の情熱や思いのある商品に関われることはとても楽しいですし、光栄なことだと感じました。


吉兆堂は、CBDメーカーとして、CBDの安全性はもちろんのこと、開発力も他社には負けないように日々精進しております。食品、化粧品に関わらず、OEM商品のラインナップ数にもとことんこだわって日々、開発を進めておりますので、世の中に無い商品を作りたい方やこだわりのCBD商品を作りたいなど、熱い思いをもった方は、是非とも一度、私 北原をご用命くだされば幸いです。とことん実現に向けてお付き合いさせて頂きます。


とは言いながらも、まだまだ奥の深いCBDの世界です・・・


私の知識では解決できないことも多々ありますが、吉兆堂の開発チームが全力でサポートさせて頂きますので、是非ともお気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております。