新たなステップ

Sydneyは本当にいい街です。

今はSydneyに滞在して家族の移住の基盤づくりをしています。


ここ一年、仕事で東京に行く機会が増えました。

出来上がったビジネスであれば地方でも良いでしょうけど、

CBDという振興ビジネスにおいては東京一択だと感じているので、

頻繁に情報を取りに、繋がりを探しに、東京に通ってきた一年でした。


週のうち4日間は家を留守にすることも多く、

高知出身の妻と子供2人に神戸で寂しい思いをさせるぐらいなら、

時差もほとんどないSydneyで新しい英語環境で寂しく(?)過ごしてもらっても同じだと考え、

冒険の旅が始まりました。


神戸東京間は新幹線で3時間、Sydney東京は飛行機で9時間。

夜中の便を取れば寝ている間に着いてしまう距離で、割り切ってしまえばさほど差はありません。

やや強引な考えですが、往復も特に負担になっていません。


いかんせんこちらは人が優しく、多民族的で、自然な気遣いと子供に対する声がけが街中に溢れています。

ただただ、平和で健康な街。(物価は高いですが。。。)

子供たちも学校に馴染んできてるようで、このままマスクを気にすることなく伸び伸びと過ごしてもらいたいと思っています。


さて、盛り上がってきたCBDの仕事ですが、展示会始め、activeな社長との出会いは東京に局在しています。

会社の代表としてはいろいろな観点でいろいろな判断をすることが必須ですので、

動きの多い東京に身を移し、新たな付加価値を模索していきます。

「忙しくあれ、取りに行け。」

今の日本経済を見て、今、ここで危機感を持っていない業者は負けると思っています。

家族は恋しいですが、1-2年間という限定の元、東京で仕事を形にして、家族一丸で次のphaseに進みたく思っております。


もちろん既存のbusinessはより専念していくので、そういう意味では今までよりもさらに忙しくなるような状況になりますが、OEM始め、何なりと、思いついた案件を吉兆堂に振っていただければと思います。


今後とも吉兆堂を宜しくお願いいたします。



吉兆堂4代目

ミュラー アレキサンダー丈嗣